東戸塚内科健診クリニック

やまびこコールセンター:080-7099-3887診療日について

リベルサス(経口GLP-1受容体作動薬)

リベルサス®とは?

リベルサス®とは、GLP-1受容体作動薬のことで、血糖値を下げるインスリンの分泌を促進し、胃腸の動きを調整することで、食欲を抑制する薬です。これまで食欲抑制には注射製剤しかありませんでしたが、2019年9月にアメリカのFDAが承認し、経口タイプの薬剤が発売されました。海外では肥満症の治療薬として使用されています。

リベルサス®の効果と特徴

  • 食欲を抑える満腹中枢に働きかけ、食欲や空腹のストレスを抑える
  • 食後の血糖値をコントロールをする脂肪の分解・燃焼を促し、体に脂肪を溜めにくくする
  • 食事量を減らす胃の運動を抑え、消化の速度を遅らせることで少ない食事量で満足できる

リベルサス®の内服方法

  • 1日1回1錠を内服
  • 起床後など空腹時に内服し、その後30分は飲食不可
    (ほかに内服薬がある場合も30分以上空けてから内服してください)
  • 120ml以下の水で内服
  • オブラートや服薬ゼリーは使用不可
  • 服薬を忘れた場合は、翌日内服する

服用にあたってのご注意

以下の方は処方できない場合もありますので、医師へご相談ください。

  • 18歳未満の方
  • 甲状腺癌既往の方。
  • 妊娠やその可能性がある方、授乳中の方
  • 膵炎の既往症がある方
  • 重篤な胃腸障害の既往症がある方
  • 低血糖発作を起こしうる脳下垂体機能不全や副腎機能不全の方
  • 過度アルコール摂取者
  • 胃全摘出術を受けた方
  • 重篤疾患を治療中の方
  • 他院にて同様の治療を行われている方
  • 糖尿病性ケトアシドーシス・糖尿病性昏睡または前昏睡・1型糖尿病の方
  • 重症感染症や緊急手術が必要な方
  • 1週間以内にワクチンを接種した方
  • 医師が不適切と判断した場合

内服期間について

体重減少の効果については、個人差がありますが、早い方で3か月で実感します。海外の研究データによると、体重減少率が3か月だと5.9%、6か月だと10.9%となっており、服用を続けることで減量効果が期待できるものになります。

内服後、副反応が見られたら

個人差がありますが、胃腸症状の現れる方もいますが、日常生活に支障をきたすほどの症状が出現している場合は、内服を中断して当クリニックを受診してください。
※こちらは自費診療となります。

料金について

アクセス

〒244-0801
横浜市戸塚区品濃町519-1
上條ビル2F
医療法人社団やまびこコールセンター080-7099-3887
診療時間:9:00〜13:00、14:30~18:30
(受付時間:8:30〜13:00、14:30~18:30)
※休診日:土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら

よくある質問 よくある質問

お問い合わせ お問い合わせ